タシケント

From - travel Silk Road and share
Jump to: navigation, search

それは新鮮な、香りの漂う街。5月1日にチェリーが熟成し、イチゴは1ポンドで7コペイカ。

スティーブングラハム(1914年)、英国の作家


タシケント、ウズベキスタンの首都。古代貿易ルートの交差点として栄えた2200年の歴史を持つ中央アジア有数の大都市だ。壮厳な広場や繊細な建築と美術館、旧ウズベク町の泥レンガの迷路や燃える真夏日に泉の噴水、CIS諸国でモスクワ、サンクトペテルブルク、キエフについて第四の200万人以上の人口を誇るこの近代的都市は、好奇心旺盛の旅行者の心をつかめるために実にいろんなものを備わっている。


タシケントの夜


歴史

タシケントのオアシスはチルチク川に位置し、西天山の麓が見える。山の水は川に注ぎ、シルダリアを潤わせる。50以上の用水路は30以上の町を育み、Chachは馬、金、銀、貴石の輸出地として栄えた。七世紀の支配者の要塞の遺跡はMinguryukで発掘された。


タシケント-石の村

Ko'kaldosh神学校(タシケント)。

時は9世紀に遡り、当時の支配者であるサーマーンの下で首都はBinkathとして知られていた。アラブの発音でChachはShashに変えられ、城壁でモスクの防衛が強化された。商人は中国から草原と山を越えて、さらにサマルカンドやブハラに進む前に、ここを憩いの場所としてキャラバンを休ませた。この街はアラブの旅人で新緑あふれた葡萄畑、市場、職人の街として親しまれた。十世紀後半から続くカラハンの統治は繁栄を維持し、新しいトルコの名前タシケント(石の村)を後世に残した。


モンゴルの破滅の周遊は1219年に訪れたが、チンギスハーンはKhorezmshahが5年前にこの街を略奪したばかりだということを発見した。回復はティムールと14世紀と15世紀に彼の後継者の下で早く進められ、市内の現存最古の建物が再び立ち上がった。次の3世紀の間にウズベク人、カザフ、ペルシャ人、モンゴルOirotsとKalmyksは街を占領しようとし闘争を繰り広げてきたが、18世紀に入り、ロシアとの貿易の発展でタシケントは共通の市場を持って四方に拡大していった。


タシケント神学校

1780年、Sheikhantaur地区の指導者であるユヌスホッジャは、他の3つの地区Kukcha、SebzarとBesh-Agachを征服し、内乱に終止符を打った。少将Mikhail Chernaievの最初の攻撃は失敗に終わったが、Bukharanの首長に宝物が奪われる脅威とサンクトペテルブルクに凱旋する栄光が彼を再度の攻撃に促した。1865年の5月のある日、攻撃禁止の命令を無視し、街の防衛にあたる30000の軍隊に対して、彼は1900人の軍勢を送らせた。14日の夜、ロシア人は12の街の門の一つに忍び寄った。夜明け直前に、注意を逸らすため攻撃ので、十分な石灰で梯子を立て、秘密の通路を使い、街の内側からゲートを開けた。牧師マーロフは彼の正統派の十字架を高く上げ、攻撃をリードした。戦の炎が2日間燃え続け、市の長老たちはタシケントを戦火による破滅から守るため、降伏を選んだ。Chernaievはこの戦いでただ25人を失った。彼の勇敢なる姿を記念に、地元の人々はShir- Naib、獅子なる総督というキリスト教の名前を捧げた。Chernaievの反抗は、ほとんど何の代価も払わずに、帝国の弱点に一つの拠点を確保したのだ。


ロシア人の襲来とともに、死神はタシケントに東方の偉大さを表現する全てにその炎を噴きかけた。ロシアの道路が敷かれ、大きな店が開き、花園が造られるにつれ、坂の上から麓に続く東の旧市街の迷路もたかがの好奇心の対象と時代錯誤になった。タシケントの古い部分も新しい部分も忠誠になり、平和的で幸せな町になったのだ。


木は植え直されたが、建築はその幸運に恵まれなかった。城壁も門も、無数のモスク、マドラサ(イスラム教の学校)、霊廟とともに破壊された。 1930年、タシケントはサマルカンドから首都の地位を獲得した。その後、特に戦時中の間(1941年〜1945年)、諸機関と産業が入り込み、ヨーロッパロシア人の避難者でタシケントの人口は二倍に増え、百万の大都市になった。

地震と改修

「凶暴な駱駝の背中に住んでいるように」1966年4月26日にタシケントを荒廃させた大地震(リヒタースケールでマグニチュード7.5)とその後に続く1000回以上に及ぶ余震について、あるジャーナリストがこのように語った。死傷者は比較的に少ないが、300000の人は家を失った。連合のすべての構成員は復興作業に駆けつけ、今日のタシケントがその結果としてできたのだ。現代建築のコンクリートの威厳と旧ウズベク町の伝統的建築様式は共存し、タシケントに独特の性格を与えている。


独立

1991年に独立後、ウズベキスタンは経済成長を遂げ、CIS主要国の一つとなった。首都のタシケントも多くのホテルやビジネスセンターが集中する地域の中枢になった。タシケントは一年間訪れるないうちに、見覚えられないほど激しく変わっていくものだ。年々美しく、きれいになっていて、古い建物は改築され、新しい建物は次つぎ現れていく。道路も広くになり、走りやすくなっていく。後10年間、タシケントは世界で最も発達した大都市と競うことになるだろう。


アミールティムールストリート
タシケントの道路




EnglishFrançaisDeutsch日本語ItalianoEspañolPortuguêsNorskSvenskaSuomiDutchDanskΕλληνικάاللغة العربية简体中文繁體中文РусскийУкраїнськаBahasa IndonesiaفارسیTürkçe한국어TagalogBahasa Melayuภาษาไทยtiếng Việt